ダイエットをする時に重要視すること!栄養素編(2015年)

食事制限によるダイエットをしてもホメオスタシスが働かないようにするには、日々の食事の分量に気を配ることが大事です。ダイエットをしている時は、食事の量を少なくするだけでなく、栄養の偏りがないように配慮しながら、カロリーの摂取量を調節することが大事になります。健康維持のために必要な栄養素にはいろいろなものがありますが、ダイエットをしている時は、特にたんぱく質不足に注意をしましょう。どんな理由で、ダイエット時にはたんぱく質の摂取が重要な役割を持っているとされているのでしょうか。肉は、たんぱく質の多い食品としてメジャーな食べ物であり、次いで大豆や乳製品があります。このように見てみると、太りやすい食品ばかりで、ダイエットには逆効果になってしまうのではないかと心配してしまいます。たんぱく質を一定量確保することは、効果の高いダイエットを行うには、必要不可欠なものであると言われています。人間の筋肉は、たんぱく質がそもそもの原材料として用いられているとされています。効果的なダイエットをしたいなら、脂肪を燃焼させるために必要な筋肉をつけるため、たんぱく質は必須の存在です。たんぱく質が欠乏すると、筋肉量自体もどうしても減少してくるものです。人体の筋肉が減少すると、基礎代謝が下がります。基礎代謝は、体を維持するために必要なエネルギーであり、安静にしていても消費すると言われています。リバウンドがあるために、ダイエットが期待するような効果が出ないという方がいます。このリバウンドは偏った食事内容によって筋肉が落ちて、基礎代謝が減ってしまうことが原因となっていることがほとんどです。たんぱく質を適度に含む適量の食事をすることや、運動などによって筋肉の衰えを防ぐことが、効果の高いダイエットを継続するためのポイントだと言われています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ