お肌を甘やかさないスキンケアで、お肌はすべすべ、お財布はぬくぬく

生活の中で、スキンケアに割く時間が、めっきり減ってしまった、40代の私。
最近は、オールインワンジェルなどという、便利なものもあり、自分自身の顔に触れる回数も
ごく僅かとなっています。
しかし、これではいけませんよね。
どんなに優れた成分が、そのジェルの中に入っていようと、どんなに高い化粧品を使っていようとも、
自分の手で、自分の肌に、もっと触れてやらないと、お肌は喜ばないって、思うんです。
お金だけかけて、愛情はかけないでは、お肌は(子どもも)育ちませんよね。
ただ、ことさらに、ずらりと化粧品のボトルを並べて、あれもこれも塗りたくるっていうのではないです。
オールインワンジェルを塗るにしても、ササッと塗って終わり、ではなく(まあそこがセールスポイントですが)
愛情をかけて、いつもよりゆっくりマッサージするように塗るだけでも、違うのかなあと思うのです。
逆に、手をかけない、甘やかさないスキンケアというのも、なかなか良いですよ。
本当に、な~んにも手をかけない、つまり1日、顔に何も塗らない日を、週に1回つくるのです。
これは、はじめは勇気がいる事でした。
朝、顔を洗ったら化粧水(以下、乳液・美容液と続く)夜、お風呂上がりに化粧水(以下、乳液・美容液と続く)が
当たり前の日々でしたから。
しかも、当時の私は会社勤めをしていて、スッピンの理由を、いちいち考えなければなりませんでした。
(お肌の調子が悪く、皮膚科で貰った薬を塗ってるから、など)
それでも、そんな理由でスッピンが許される職場だったから良かったのかもしれないですね。
初日は案の定、顔が引きつりまくりました。
もう若くはなかったし(30代でした)、本当にこんな大それたことしちゃっていいの~?と青ざめました。
でも頑張って、何も塗りませんでした。
しばらく続けると、肌が変わってきたのを感じました。
肌が、きれいになった、というより、強くなった感じです。
張りも出て、刺激に負けない肌に変身した感じです。
その頃から、スッピンでも、それと気付かれないようになりました。(理由を考えなくてよくなりました)
これがお肌の自浄作用かしら?とか思いながら、40代の今でも続けています。
元来、面倒くさがりの私は、何もしない、というのに味を占めて、お手入れする日も面倒くさくなり、
シリーズで揃えていた化粧品も、オールインワンジェルに変えてしまい、今に至ります。
気が付くと、化粧品の減りは遅いし、お肌は強くなるしで、なかなか良いです。
もっとお肌に触れる時間を増やして、でも甘やかさず、お肌が自身の力で輝けるように。
そんなスキンケアが理想です。

顎ニキビを繰り返してしまっていた私には

本当に出会えてよかったスキンケアがコレです

メルライン 激安

サブコンテンツ

このページの先頭へ